カメラ

2014年10月4日 at 6:05 PM

カシオ EX-FR10|本体・撮影部分離式のウェアラブルカメラ デジカメ

カシオ計算機のEX-FR10は、カメラ部と本体部(液晶ディスプレイ)が切り離せるデジカメです。

 

デジカメ

本体とカメラ部分は、ブルートゥース(無線)で通信できるため、ばかみたいにケーブルで接続する必要がありません。

5m程度離れているだけならカメラ部の映像は、本体へ送信可能です。

また、撮影した画像はスマホへ送信することも出来ます。撮影した画像をハイライトムービーに編集して、その場でSNSへアップする機能も付いています。

 

 

ここがパナソニックのウェアラブルカメラである、HX-A100より優れている点です。

ウェアラブル

また、CASIO G-SHOCKのように、防滴防塵、耐衝撃機能を備えているので、ラフに扱っても壊れません。軽量なのもあり、2mの落下試験はクリアしています。

リコーG700|現場監督デジカメ版のような防滴防塵耐衝撃カメラ

カメラ部分を自転車やヘルメット、マウントディスプレイなどに装着すれば、リアルで体感的な撮影が可能です。

 

 

レンズは35mm換算で21mm f2.8と広角寄りで、この点はソニーのアクションカム HDR-AS30V相当に考えられているポイントです。

より広い視野を撮影できます。

QBiC MS-1|15mm f2.0レンズ搭載のアクションデジカメ

 

 

ただバッテリー寿命が以下になります。

静止画撮影枚数(CIPA規格準拠):約255枚
FHD動画実撮影時間(CIPA規格準拠):約1時間05分
FHD動画連続撮影時間(カシオ基準):約1時間15分

 

動画カメラとしては、撮影時間が短すぎます。

静止画用途なら気にするポイントにはならないとは思います。

 

 

取材用や隠しカメラ的な用途では使えないでしょう。

 

カシオ EX-FR10|本体・撮影部分離式のウェアラブルカメラ デジカメ by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!