カメラ

2014年5月4日 at 3:52 AM

オリンパス SP-100EE|モデルガン用のドットサイト式照準器が付いた超望遠デジカメ

以前から、銃用のアイスコープをカメラに取り付けて使う撮影家は多かったですが、マジでそれをカメラに取り込んじゃった機種はこれだけです。

 

ドットサイト

 

 

ドットサイト 昔の苦労

 

ぶっちゃけ、今のデジカメのAF機能があれば枠さえあればいいっていうことが多々あります。

といってもレンジファインダーニコン SPのように視野枠を切り替える機能はこのカメラには持ち合わせていません。

フレーミングは、背面液晶でやればいいからです!なんてザクっとした発想!好きです!

 

 

 

この照準器が担う機能は、ターゲットをセンターに合わせてロックオンすることだけにあります。

一人称視点(FPS)ゲームをやっている人はわかると思うのですが、まず通常視点でターゲットに照準を合わせてからスコープを覗くことで正確にヘッドショットします。通常視点のときにある程度照準を合わせてないとスコープを覗いた際にターゲットがフレーム内に収まってないので対象を捉えることができません。

この通常視点のときのターゲッティングをドットサイト照準器が担ってくれます。

 

 

 

 

このカメラ、光学で50倍というモンスター級のズームレンズがついています。

35mm換算で24~1200mm相当になります。

スポーツ選手を撮影するなど、無限遠の域にある被写体であればとりあえずセンターに合わせて撮影しておけばあとでトリミングでいかようになります。

 

 

 

実機をビックカメラで見てきたのですが、ちょっと使いやす過ぎて吹きました。

なまじのレンズ交換式デジ一よりも軽量で使い勝手があります。シャッターを切るまでのスピードがバツグンに速くなります。

 

 

問題は、このドットサイトに汚れがついたときです。奥まったところにあるしコーティングもされてるのでクリーニングをどうすればいいのかと思いました。指紋はつかない場所にありますが、埃や雨に濡れたりとかは普通にありそうです。

 

 

このSP-100EEの上位機種はSTYLUS1ですが、多分多少の描画の良さをとるくらいならデジ一使うと思うので、この機種の存在でSTYLUS1を選ぶという選択肢はないなと感じました。

STYLUS-1

オリンパス SP-100EE|モデルガン用のドットサイト式照準器が付いた超望遠デジカメ by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!