カメラ

2014年2月18日 at 11:03 PM

大判ホロゴンHologon 110mm f2.8?

2013/4/28 至简至繁!蔡司镜头传奇之“Hologon”

 

ホロゴン01

 

ホロゴンといえば、MマウントホロゴンかGシリーズホロゴンしかなかったような・・・中華ホロゴン?

 

 

ホロゴンは、究極の対称形超広角レンズです。

歪みをほぼ完全に補正できた代わりに、以下の欠点が残ります。

1.中レンズがひょうたん型をしており絞り羽を挟む隙間がない

ホロゴン02

2.周辺光量は激しく落ちる

デジカメにつけると周辺が紫に被る

 

 

非常に貴重で描写も特殊なレンズだけに人気は非常に高いです。

ホロゴン03

ボディー固定式はともかく、Mマウント着脱式のホロゴンは100万円を下回ることはない。

しかし後玉が出っ張り過ぎてデジカメに付けられないのはこのレンズも同じ・・・

 

販売終了した今だから暴かれるリコーGXRの実はできますシリーズ:ホロゴンが付くよ!

 

 

大判サイズにすることで余力を持たせたレンズ構成は面白いです。が、これならプラナーと根本はあまり変わらない気が・・・

ホロゴン00

大判ホロゴンHologon 110mm f2.8? by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!