カメラ

2014年2月11日 at 10:31 PM

ニッシンジャパン スピードライトi40|高さを抑えて縮めたけど機能はフル!

2014/2/10 デジカメWatch ニッシンジャパン「スピードライトi40」

 

 

2014/2/7発売予定。

単三電池電池室を「縦方向(Y軸)に電池を入れる」形式から、「前方向(Z軸)に電池を入れる」形式に変えたことで、ぐっと縦方向の高さを縮めてコンパクトなサイズに収めることに成功している。

電池室01

とはいえ小型ストロボよりはやはりがさばる。

このサイズならば、あまりサイズ追求しないでいい気もしないでもない。

どうしても縦幅を狭めたいならバウンスは難しくなるがフラッシュを電池室の縦ではなく両脇横につけてもよくね?とも思う。

 

 

 

ガイドナンバーは40(ISO100/m・照射角105mm)、27(ISO100/m・照射角35mm)。製品は各社専用で個別に用意されており切り替えは出来ないが各メーカーのTTLモード・ワイヤレスに対応しており機能は充分。

ハイスピードシンクロ、上下左右のバウンスも可能。

電池室

 

 

とはいえメーカー純正品ではないので、各メーカー独自仕様の機能は使用できない。

 

ニッシンジャパン スピードライトi40|高さを抑えて縮めたけど機能はフル! by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!