カメラ

2013年4月21日 at 5:09 PM

キャノン 超高感度低ノイズ 35mmフルサイズCMOSセンサーを開発

2013/3/4 キャノン公式 キヤノンが動画撮影専用の35mmフルサイズCMOSセンサーを開発

 

■高感度・ノイズ低減を実現したCMOSセンサーにより暗闇での動画撮影が可能

このたび、キヤノンが新たに開発したのはフルHD動画撮影専用の、高感度35mmフルサイズのCMOSセンサー*1です。 画素の大きさは一辺19マイクロメートルと、キヤノンのデジタル一眼レフカメラの最上位機種であるEOS -1D Xなどに使用されているCMOSセンサーに比べて7.5倍以上の面積を持っています。 また、画素部および読み出し回路には、画素が大型化すると増える傾向のあるノイズを低減するための新技術を搭載しています。 これらの技術により、肉眼では認識が困難な、三日月の明かり程度(0.03lux程度)の低照度な環境でも鮮明な動画撮影が可能になります。 天体の動画撮影では、肉眼での認識レベルに近い電子増倍型CCD*2で撮影できるのが6等星程度であるのに対し、今回開発したCMOSセンサーでは8.5等星以上の暗い星の撮影が可能です*3

キヤノンは、このCMOSセンサーを搭載したカメラの試作機を用い、線香の光以外には光源のない室内の様子(0.05~0.01lux程度)や、ふたご座流星群など、さまざまな場面での試験撮影に成功しました*4。 キヤノンはこの技術の、天体・自然観測や医療研究などでの活用や、監視・防犯機器などへの応用を検討するとともに、より革新的なCMOSセンサーの開発を進め、撮影領域の拡大と新しい映像表現の世界の開拓を目指します。

キャノン

—-

暗い環境でも撮影が出来れば、撮影の自由度も広がるだけでなく、明るい場所での動体撮影(超高速シャッター)も切りやすくなります。

民生用に即反映して欲しい技術です。

 

 

キャノン 超高感度低ノイズ 35mmフルサイズCMOSセンサーを開発 by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!