カメラ

2012年10月21日 at 9:10 PM

Adobe Photoshop Lightroom|撮影レンズに最適なレンズプロファイル補正を適用

Adobe公式 サポート対象レンズプロファイル(Photoshop Lightroom 3/4 | Photoshop CS5.x/CS6 | Camera Raw 6/7)

 

RAW ファイルと RAW ファイル以外の画像用に別々にレンズプロファイルを作成すると、Photoshop、Camera Raw、Photoshop Lightroom のレンズプロファイルポップアップメニューに、選択された画像のファイル形式に合わせた最適なプロファイルが表示されます。

RAW ファイルにレンズ補正を適用すると最適な結果を得ることができます。RAW 以外の形式のファイルにレンズ補正を適用すると、必ずしも最適な結果を得ることはできません。RAW ファイル以外では、ファイルが作成された方法によってデータの内容が異なるため、一貫した結果を得ることができません。

選択した JPEG ファイルに最適なプロファイルが存在しないか、最適な結果が得られなかった場合は、手動でレンズ補正を適用します。または、Adobe Lens Profile Creator*(英語)を使用してプロファイルを作成します。Lens Profile Creator と同じ場所で提供されている Adobe Lens Profile Creator Preview* では、他のユーザーが作成したプロファイルをダウンロードすることも可能です。

———–

もともとライカのM8に、撮影レンズに応じて画質を調整する機能がついてたと思います。

 

Capture NX-D|ニコン 無料でLRと同等のRAW現像・画像調整ソフトダウンロード提供

 

 

2006/11/17 デジカメWatch 【新製品レビュー】ライカ M8

さらにM8のマウントには6bitコードを追加。これをボディ側の光学センサーで読み取り、画像処理に利用する。6bitコードとは、レンズのマウント面 に白と黒のドットを合計6個ペイントしたもので、レンズの焦点距離、開放F値、レンズタイプの新旧などの情報をカメラ側に伝えている。レンズの焦点距離は Exifに書き込まれるほか、オートズーム式ストロボの照射角の自動調節に利用。焦点距離と開放F値、現行品か旧タイプのレンズであるかという情報は、画 像データを処理する際に、周辺光量不足の補正などに利用される

 

いつのまにこんな便利なものが・・・

 

Adobe Photoshop Lightroom|撮影レンズに最適なレンズプロファイル補正を適用 by

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!